« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月30日 (火)

メンバー紹介

ふぁきあ

盲目の女剣士

目が見えないのは確かにハンディである。
だが彼女のその聴力は健常者ではおよそ到達できぬ
高みまで昇華している。

戦場では平均である必要はない。
むしろどこか一つに特化してる方が
都合が良い。
その聴力は相手の心の声すらも
聞いてしまうと言われている。

もし彼女の能力を最大限に・・いや半分でも
活かせる指揮官に巡り逢えていたら
彼女は歴史に名を残して栄光を手にしてただろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

メンバー紹介

みゅうと

国が滅亡する中、生き抜いてきた女性。

本当の強さとは何なのだろうか?

腕力や権力を言うのだろうか?
いや、それらの力に屈する事なく
どんな状況であろうと絶望することなく
まっすぐに生き抜く力ではないだろうか。

彼女には腕力や権力など何一つなかった。
戦争で愛する夫を失い、国すらも追われた彼女だが
娘と二人でその時代を生き抜いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

ギルドメンバー紹介

半熟カラス

有翼人種で
片翼が白くもう一方は黒い
彼と同種族と思われる者の
存在は確認されていない。
すでに絶滅した種族の最後の生き残りか
別種族の突然変異か

戦場で生まれ
そして戦場で死んでいった戦士

騎士へとなろうとした事があったが
出生や種族からの偏見で騎士へはなれなかった。
だがその戦場を生き抜いてきた剣技に
嘘、偽りはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

アバターのストーリ紹介

いつも自分の愚痴みたいな感じの事を書いていますが

せっかくのギルドなので今回からはしばらく

ギルドメンバーのアバターの紹介をしていこうと思います。

創作なんでアルテイルのストーリと何の関係もありません。

奇妙な魔術士 フーフル

陽月戦争が起こるはるか以前に
魔術師でありながら騎士を夢見て
魔法王国に入国した者。
出生や種族そのほとんどが
今となってはまったくの不明
異世界の住人であるという説もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

21になりました

ヒーローズのレベルが21になりました。

恒例のカードGETです。

四つのカードから好きなカードを選ぶのですが

なんとその中にいましたよ。あの男が!!

Photo 『こんな事もできねぇのか?』

と性格がわるいところを簡潔に表してるこの軍師が

ついに使えるのです。

まぁ一枚しかないのでアルテイルで使うのは

難しそうですがうれしいかぎりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒーローズとアルテイル

アルテイルがスピードアップされて久々にヒーローズをしてみると

やたら遅く感じます。早くてさくさくできるのがうりなのに勿体ない次第です。

一方アルテイルのアリーナではザルグールファイルが流行っています。

レア5が三枚ないと作れないデッキなので強いのは当然なのですが

相手がミスでもしない限り勝てないのが現状です。

なので考えてみました。

ゴウエンなら光精霊をバッティングさせずに

あふれ魂使って炎の息でプチプチ焼いて最初のSSを使わせる。

レベル3以上のカードを出した時SSキルの強制発動される所を石化で防ぐ。

ザルグールがでてもOSがあるユニットで攻める。(ザルグールはOSは食らう)

青の場合は大突風を巧く使って行くしかないんですがそれでもきつそう・・

黒はレベル2をどんどん展開させていけば押し切れると思います。

白も大突風などを入れておかないと対処の方法がなさそうです。

大突風も9対1ぐらいのところを7対3程度にする感じです。

ある意味完成されたデッキだと思います。

たぶん大会が終わって2週間ぐらいに修正入りそう・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

マスターファイル大会

さっそくやってみました。結果0勝5敗です。

一回も勝てませんでした。

アドベントが好きなのでアドベントがいる

ファイルをまっさきに選んでみましたが

うまく使えずボロボロに負けました。

探求者は本当は強いのに残念な事です。

おそらく一番強いのはザルグールファイルのような気がします。

きっちり対策できてないと奈落の欠片を倒すことはできないのです。

ザルグールデッキは初めのSSがキルなんですが

イクサーアタックしようとしてユニットを並べていると

六手の男で強制発動させてきます。

レベル2で動きの早いのをまわしていけばなんとかなりそうでもあります。

暗殺者デッキが良いと思います。

他にはアルィンドのOSで倒せるのですがその後来る

混沌の三銃士 奈落の波動で セメタリーに送られてしまいます。

使ってる人がミスしない限りザルグールが勝ちそう。

ということで今更の予想で優勝はザルグールファイル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シールド大会

参加してみました。

結果は星がなくなって死亡です。3勝6敗です。

星三つが集まりやすいてのを選んだのですが

レア3 三枚そろってるのなしでかろうじて

レア1が3枚そろってるのが

3つあったのですが・・中途半端なデッキになって負けました。

SS返却に使えるカードが一枚もなし 水と風精霊なし・・

戦った人の中には鋼が三枚の人、

ジュッツバーが三枚揃ってる人とかいました。

 これって偏りすぎてないか・・

いやそれがシールドの醍醐味なのですが

今回思ったことはもうちょい尖ったカード編成に

すればよかったと後悔してます。

シールドは普段あると思われるカードがないので

型にはまればそれだけで

勝負がきまる感じです。

独創的なファイルを考えれば

もうちょい勝率上げれたかも・・残念なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

返却について

このゲームはレベルの高いカードの方がステータスが高く

有能なスキルも多いのですが単純に強いカードをだせば勝てる訳じゃないところが

面白くもありイラっとするところです。

その原因は返却です。主にSS(ソウルスキル)で発動する返却の事なのですが

これどんなLVの高いカードもAGIとの低いか高いか行動してるか行動してないかで

返却されます。返却されたカードはまた出すことができますが

それを出すために使ったソウルスキルも戻って来ないし

主要カードが返された場合はバランスが崩れて一気に終わる事もあります。

その為にはどうするか?

まずは相手のLPを見る。

返却SSは必ずLP1なので最初相手のLPが8なら31111と並んでる事が多いので

一枚目が返却の可能性があります。

逆にLPが14なら33331となって最初光封じの可能性が高いです。

その上で返却SSへの対処は

1 下手に闇雲に攻撃をしない

2 ピンポイントで狙う

3 大突風や一瞬の決断を使う

4 返却無効のユニットを使う

5 返却されても痛くない低レベルのユニットを使う

まあこんな感じです。

他にも色々あるのですが返却対策をしたデッキでないと

勝てないゲームです><

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

最近の傾向

アリーナでよく対戦するのが低LPの黒の小型タイプの暗殺者デッキ

他には赤の中型のと青の小型の蟹デッキ。

そして自分は侵魚デッキを組んでいます。

侵魚デッキの弱点はミティーアです。

ミティーアさえ潰せば大したことのないデッキなのです。

レベル3なので恐怖や返却

HPが40なので奇襲や炎の矢で倒せば

特に問題ないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

ブルジョア

ココアをとりにちょこちょこアルテイルにログインしてましたが

やっぱりブルジョア大会が一番面白い!!

新弾のカードをいれてやってみましたが

近衛デッキが一番しっくりきました。

序盤はウサギでSPを稼ぎつつ

Photo このナイスガイとPhoto_2

Photo_3

この双子達と

近衛兵をだして攻めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »